FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いま、見つけた、新たな喜び

行ってきましたぁ~グローブ座!!
これもお友達のおかげなのです♡ありがとうです(//∇//)



あたしにとっては、舞台を生で見ること自体がたぶん、生まれて初めてで。
ピアノやバレエの発表会なんかはよく行ってたけど…
それと同じくらいの大きさのハコで、大好きな人を見ることができて、
しかもそれがセリフなしのダンス中心の舞台だなんて、震えてしまうほど。


だけど、この事実を受け止める以上に、何倍も何十倍も。
生の舞台で体感したすべては、あたしの心を震わせるものでした(*^^*)









今回の舞台については、たぶん100%内容を理解するのは難しいんだろうなー、っていうのは分かってたのね。

でも逆にそれが楽しみというか。
なんにも頭に入れない、準備しない状態で、自分がどんなものをどれだけ感じ取れるのか。
それを試してみたい。純粋に楽しみたい。
そう思ってました。


観たあとで思ったけど、これが本当に正解だった!
もちろん人によって、情報を事前に入れたほうが良いっていうのもあるだろうけど。
(それはそれで、また違った楽しみ方が可能になる気がする^^)

「観劇ガイド」っていう説明書きみたいなのも、会場に置かれてたからねw
初日にも行った友達いわく、最初はなかったらしいから、やっぱり需要はあったのかなぁ、なんて。







さて、あまり内容に触れる気はないのですが(第一、あたし自身が理解不足←)(笑)

作品全体を通しての振付、音楽。
道具や照明や人物のフォーメーションを上手に駆使した、空間の作り方。
そういったものが渾然一体となって、舞台が構成されていて。

コンテンポラリーどころか、ダンスや舞台芸術に関してはド素人だけれども。
すごく、素敵だと思いました。





そして何より、東山さんをはじめとした演者の皆さんには、
ただただ圧倒されてしまいました。

ま、あたしはどうしたって、じゅんのに一番目を奪われてるんだけどねw
そこは惚れた弱みよ!(笑)
でもストーリーにどんどん引き込まれてからは、割と全体観るようにしてたかも。








そうそう。
じゅんのの踊り、もっと言えば身体の動きを見てて、今回あらためて感じたことがあるの。
それは、「音(音楽)を捉える感性が類稀である」ということ。

これについては、帰りに友達と話したんだけど、「わかるわかる!」ってなって嬉しかったなぁ♪( ´▽`)
きっと軽~く1時間は語れると思うのよ、うん。←




口で説明するのはちょっと難しいんだけど、とにかく音をめいっぱいに使う。
たとえば1拍めから2拍めへと移行するとき、2拍めの頭ギリギリまで1拍めの音を保つ。
でも2拍めの頭は寸分違わず、きっちり入るの。アインザッツ、てやつです(←元吹奏楽部。笑)

この場合、ダンスにすると、すごく動作をためるように見えるかもしれない。
それが正しいのかそうでないのか、わからないけど。
単なるクセとか特性とか好み、なのかもだけど。

ただ音楽だけに関して言えば、基本形は最大限に保っていいはずなの。あくまで基本形は。
だからかな、あたしは真面目にきっちり過不足なく(たまに過ぎるかしら!?笑)
音を使ってくれるじゅんのの表現の仕方は、勝手にずっと正しいんだと思ってきました(笑)
たとえ正しくなかったとしても、そんなの抜きに、ただたまらなく好きなんだよね(@⌒ー⌒@)



とにかく今回の舞台は、じゅんのの持つ天性の音の捉え方やリズム感がみーっちり堪能(笑)できる機会でもあると思う。
細かい拍に合わせて手の向きを変えたり、それこそ1拍をめいっぱい使って頭や上半身全体を回したりね。

そんでもって舞台の端から端まで、あの身体を大きく使って動いてくれるんだから、
もうもう、これを眼福と言わずして何と言おうっっ(>_<)



じゅんのが本当にすごいと思うのは、「音楽」として捉えた時の表現と、それらを分解してひとつひとつの「音」として捉えた時の表現のバランスが絶妙なところ。
たぶん、耳から入った情報がそのまま身体を動かしてるんだろうなぁ、思考を介さず。




プラス、表情で魅せる演技!

全体的にシリアスな場面が多い中、時々ふっとあどけない表情をのぞかせる瞬間とか、
東山さんたちとのやり取りで、ちょっと「くすっv」とさせてもらえるトコとか。
「あ、じゅんのだv」って妙に安心したりしました(笑)←当たり前



本当に、すばらしかったです。
これから公演を重ねていくにつれて、さらに役を自分のものにしていけるだろうし、
表現にもさらに磨きがかかっていくだろうと思うのだけれど。

それでも、舞台という生モノは、ただ一度きり。
今回だけしか味わえない空気感とか、じゅんのの目線、表現のすべてをしっかりと
覚えておきたいなって、思ってます。







これだけ何年も前から見つめていても…ううん、だからかな。
また新しく鮮烈な印象を、深く刻み込まれるんだ。


それはふしぎな感動であって、喜びであって。
限りない幸福であって、誇りでもある。


「好きでよかった」って、あらためてこんなに思わせてくれるなんて。
なんてやつだ、入口出口田口じゅんのすけ!!(笑)←




どうか、最後まで誰一人欠けることなく、無事にすべての公演ができますように☆








スポンサーサイト
TrackBack : 0
Commnet : 0


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

プロフィール

のどか

Author:のどか
音楽とKAT-TUN・田口淳之介くんをこよなく愛してます♪

就職と同時に地方での1人暮らしを始めましたが、じゅんのには日々ハッピーをもらってます☆
おかげで寂しさや退屈とは無縁の生活(笑)

お気軽にコメント・メールいただけたらとっても嬉しいですvv
どうぞよろしくお願いいたします^^

最近の記事

コメントありがとうございます♪

コクーニストの時計

時間帯によって色が変わる・・・らしい(笑) ココはかわいい雑貨屋さんで、お気に入りのひとつです^^

カテゴリー

月別アーカイブ

すてきなお友達♪

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © ◇*◆天使のはしご◆*◇ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。